片瀬海岸のアパート

子供の頃に住んでいた片瀬海岸のアパートをお客さまと内見しました。大人になって、まさかこのアパートに戻ってくるとは…。1ミリも想像できませんでした。なんとも感慨深い気持ちになりました。これも、この仕事の醍醐味の一つなのかも知れないな、、と思った出来事でした。

江ノ電最高

車内から見える景色が、毎日の通勤を楽しい時間にしてくれます。
考えてみると最高の贅沢だなと、感謝の気持ちが湧いてきます。

初夢II

初夢II

富士山を背に、冬ももちろん波さえあればいつもの仲間たちと朝一サーフィン!

免疫力は当然高まり、コロナなんかには負けない!それが湘南ライフ。

今日も都内からの移住希望のご夫婦のご案内、仲介者とお客さんという関係を超え、海の仲間がまた増えたという喜び。

湘南移住計画実現者増殖中!

 

初夢

湘南の海に毎朝イルカのご挨拶!?
夢ではないと言いたいが、以前よく見たイルカの群れも
遭遇機会がめっきり減った。(茅ヶ崎沖03年)
黒潮流路に支配される海況変動が豊かな生態系を育む
私達湘南っ子のゲレンデ“相模湾”!
しかし、打ちあがったクジラの体内から大量のプラスチック、年々広がる磯焼け、魚が入らなくなった定置網、、‟世界の海に通じる”相模湾の未来を語ることが難しくなっています
それでも、地元湘南では水源の森づくりに取り組む人達、ビーチクリーンに励む仲間たち、海岸侵食修復や流域下水道問題に尽力する人々、職業を超えて活動することの大切さを感じています!

今年こそ夢が確実に実現する年にしましょう!

今年もよろしくお願いいたします。

湘南移住計画#35

江ノ電稲村ヶ崎駅から、七里ヶ浜駅~そして鎌倉高校前の3つの駅間の浜辺、このエリアへの移住希望者が激増中!
きっと普通の暮らしに海が必要と感じ始めたのでしょう、それは間違いなく地球にとっても良いこと、もちろん子供を育てるうえでも、自然と乖離した生活からさようなら!
お砂場遊びし放題!

湘南移住計画#34

リモートワークになって、朝は早く起きたぶん、夕方早くからダンベル持ってウオーキング!

コロナになって、特に都内からの移住希望者が激増している。
その理由の一つはやはり健康的な暮らしがしたいから、湘南の海辺ならたとえ12月でも晴れれば暖かい、裸になっても、、。
鵠沼~鵠沼海岸~片瀬~片瀬海岸、かんじんの物件が不足で走り回っている今日この頃、走る不動産!奮闘してます。

きれいな夕景のすぐ近く

自転車で通りかかると、あまりに見事な空の色に、思わず自転車を停めて写真を撮りました。

藤沢市片瀬、境川の流れる西浜橋からの夕焼けです。
私たちは、こんなきれいな景色からすぐ近くの物件を複数取り扱っています!
そして、まだ公開前の情報も♪
スタッフが惚れ込むこの環境、ぜひお問合せください。

湘南移住計画#32

湘南の観光名所と言えば江ノ島ですが、我が家では江ノ島の中でも観光名所とは言えない、江ノ島の一番太平洋側の堤防へ。ここは人もあまり多くなく、太平洋を望める解放感の中、こどもを思いっきり走らせることができます。
コロナ禍、特に緊急事態宣言中は、都心の公園は遊具が使用禁止になってしまったり、こどもたちの遊び場がなくなってしまい大変苦労したとお客さんたちからも聞いています。そんな時、少しでも自然や遊び場があるこの地域で生活できていることのありがたみを感じます。

湘南移住計画#30 いつも自然に触れていたい!

コロナ禍で考えるべきこと、「自然への乖離がもたらした災禍」という教訓。

コロナ後に考えたいこと、「免疫力を高めておきたい」という願望。

海・そして潮風は免疫を高め、細胞を活性化してくれる!

国産の杉を使い、輸入材に頼らない健康住宅は住んでいるだけで自然との共生感を体感できる、そんな理想の暮らし。

コロナに打ち勝つ、のではなく「自分流の暮らし」を!
そんな理想をかなえてくれる住宅を用意しました、詳細はこちらです :

湘南の風景


心癒される湘南の風景

葉山町のとある坂道から
坂の多い町ですが、そのおかげで海を眺めることができる場所が多いのも特徴です
ふとした日常の中で、おだやかな気持ちにさせてくれる風景がここにはあります