地域のために、を考える大家さん

辻堂の大家さんの物件を見せてもらいました。

もともと貸家として活用していた築50年の平屋を大工さんに手伝ってもらいながら
DIYでリノベーションされました。

そしてなんとご自身で井戸も掘り、畑を耕すための土づくりも始められています。

リノベーション作業をしていると

近所の方々が何しているのかな?と気になっている様子があったので

こんなボードを外に置かれていたそうです↓

ユニークで優しいお人柄を感じますね。

 

現在、地域の方々に役立てるような防災、福祉などの要素を含んだ活用方法を検討中です。

地域のためにご自身の資産を活用されようとしている姿に
まさにこれからの時代に必要とされる大家さんだと感じました。