建物調査

今日は築31年の中古戸建を売却したいというオーナーさんのご依頼で

私たちの信頼する工務店さんと一緒に建物の調査に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

長年の経験と豊富な知識で

次々と建物の状況を調べていきます。

塗装の剥がれている個所を見ることで、過去の塗装の履歴まで解ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来この家を購入する方がリフォームやリノベーションをするときのために

建物の状態を調べておくことは重要です。

 

 

 

 

 

 

31年前の建物特有の規格やサイズで

当時の贅沢な仕様で作られた家であることが見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

傷んだ部分も、改修方法を具体的にアドバイスしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつか修理すべき部分もありますが、建物としては頑丈に造られていることがわかりました。

これで家を購入する方にお伝えするべき短所と長所、リフォームすべき部分も明確になりました。

オーナーさんも一安心。

 

私もほっとした気持ちで帰路につきました。