秋季航海 光と影

弊社代表で、環境活動家の武本匡弘とクルーの皆さんが1週間のヨット秋季航海から無事帰港しました!
風速15mの海、ほぼ初心者だったクルーはちゃんと操船クリア
穏やかな海では優雅にランチを!
そして、伊豆半島沖で遭遇したウミガメ!すでに死後数日経過していた姿、この2週間で2回も目撃した、。
ウミガメは、恐竜を絶滅に追い込んだ時代以降も生き延び、一億年以上も世界の海で命をつないできた、しかしその存在を人類が脅かしている。
温暖化による海面上昇で産卵地である砂浜が水没し、更には砂中温度が年々高くなり、雌ばかり生まれているという報告もある。
海にいると、何かおかしいと気づく、。
自分の目で目撃しよう!がテーマの乗船体験あなたも是非一度!
※感染予防のため一人一部屋個室確保でしたので定員が少なく
満員で参加できなかった人はごめんなさい!次回の航海は5月!