スタッフ武本自宅のリノベーション@鎌倉市由比ガ浜

スタッフ武本の自宅をリノベーションしてます。 築23年の建売の家、立地を最優先で選んだ家、自分たちのライフスタイルに合っていない間取り、暗いリビング、そして圧迫感のあるこの2階和室。 でもこの家を活かして、長く暮らせる家にしたい。壁と天井をぶち抜いたら、素敵な梁や開放的な勾配天井が見えてきました。

この年季がたまらない

この年季が堪らない。

長年の生活で磨かれた床板や、和室が連なって奥行のある空間。
見学に行った建物は昭和40年代に建築された日本家屋で、手直しの最中です。

このお風呂にある勝手口のような扉は、かつて外から薪でお湯を沸かしていたのでしょうか。

今では、海遊び後にそのままお風呂に入れる、、、と一気に男心をくすぐるポイントになるのですw

在来工法と呼ばれる日本独特の建築方法は、日本の風土と、また現代の生活様式や間取りの変化にも対応できるポテンシャルを持っています。


何より、約50歳の醸し出す味にココロ惹かれてテンションが上がってしまいます。

地域のために、を考える大家さん

辻堂の大家さんの物件を見せてもらいました。

もともと貸家として活用していた築50年の平屋を大工さんに手伝ってもらいながら
DIYでリノベーションされました。

そしてなんとご自身で井戸も掘り、畑を耕すための土づくりも始められています。

リノベーション作業をしていると

近所の方々が何しているのかな?と気になっている様子があったので

こんなボードを外に置かれていたそうです↓

ユニークで優しいお人柄を感じますね。

 

現在、地域の方々に役立てるような防災、福祉などの要素を含んだ活用方法を検討中です。

地域のためにご自身の資産を活用されようとしている姿に
まさにこれからの時代に必要とされる大家さんだと感じました。

リノベーションマンションの作業現場を視察

 

 

 

 

 

今日は、リノベーション作業中の中古マンションを視察。

築30年経つ中古マンションを、不動産会社が買い取り

リノベーションした上で販売する予定の物件です。

 

 

 

 

 

 

一度、完全にスケルトンの状態にしてからのリノベーションです。

この写真はキッチン予定部分からリビングを眺めています。

今人気の対面キッチンを造る骨組み部分です。

 

 

 

 

 

 

 

この写真はリビングと、写真左側は元和室で、

今回はこの2つをつなげて広いリビングを造ります。

 

不動産会社がリノベーションマンション、リノベーション中古戸建として

販売する物件は、一般の方が売っている中古物件より少し割安になることが多く

また、保証が効くというメリットがあります。

 

しかし、どんなテイストのリノベーション、リフォームになるのか

人気物件となるのか、売れない物件となるのかについては

その会社のセンス、企画力、資金力によって変わります。

 

完成した状態を見るのが楽しみです。

建物調査

今日は築31年の中古戸建を売却したいというオーナーさんのご依頼で

私たちの信頼する工務店さんと一緒に建物の調査に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

長年の経験と豊富な知識で

次々と建物の状況を調べていきます。

塗装の剥がれている個所を見ることで、過去の塗装の履歴まで解ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来この家を購入する方がリフォームやリノベーションをするときのために

建物の状態を調べておくことは重要です。

 

 

 

 

 

 

31年前の建物特有の規格やサイズで

当時の贅沢な仕様で作られた家であることが見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

傷んだ部分も、改修方法を具体的にアドバイスしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつか修理すべき部分もありますが、建物としては頑丈に造られていることがわかりました。

これで家を購入する方にお伝えするべき短所と長所、リフォームすべき部分も明確になりました。

オーナーさんも一安心。

 

私もほっとした気持ちで帰路につきました。

 

気になる古家

横須賀~葉山~逗子~藤沢~茅ヶ崎の街中を歩いているとどうしても古家が気になってしまいます。

一見、“ボロ屋”(失礼)に見える建物も今やリフォーム・リノベーション等は最先端の技術を駆使して再生できます。

これぞ、エコ不動産の真骨頂!「こんなかわいいお家はきっと若い夫婦に喜ばれるだろうな~」とつい顔がほころびます。

古い家でも今やリフォーム・リノベーション等は最先端の技術を駆使して再生できます。

 

僕:ガラガラッ 「ごめん下さ~い!この家はどなたかお住まいですか?」

おばあちゃん:「見ればわかるじゃない!」

僕:頭を深く下げ 「どうも失礼しました」

リフォームならおまかせ、多種多様なリクエストに、はっきりって自信あり!

リフォーム・リノベーション・小さな修繕 全てそのまま業者に横流し、という事をしません。

エコライフ不動産のスタッフがプラン、予算、お見積り工事、完成、保証まですべて責任を持ってお受けいたします。
その裏付けは、現在の店舗の改装・内装工事のほぼ全てを自分たちの手作りで行った経験などを十分に生かしたプランニングを提供できるからです。


欧米では店舗作りも自分達で行う例が多い、私達はその感覚でおりますし、何より自分達で何でもやることが好きなので日常的に行っています。
そのため、職人さんに頼む場合もその工程等を熟知しています。


最近、シックハウス対策での漆喰塗内装のリクエストが増えています。
天然漆喰の最後の作業、仕上げ塗り。
腕の良い左官職人は湘南地域でごく少数ですが、私達の大切なパートナーです。